COP19に参加しました! 

環境経営の未来とは?

こんにちは☆ 代表の吉岡です。

 

昨日、執筆作業でお世話になっております、「ambisus」さん主催のシンポジウムにお招きいただきました^^

 

ウェブマガジン「ambisus」(http://www.ambisus.jp/event/364/)は、

”今ここにある2歩先の未来”、”環境”をテーマに多角的な情報を発信してくださるサイトです。

また、「ambisus symposium」は環境とビジネスをテーマに毎回その分野で活躍する有識者を迎え、企業経営をなさっている方を主な対象に行われています。

 

さて、6月1日大阪にてシンポジウムが開催されましたが、

今回のテーマは『環境経営ブランディング戦略』でした!

 

ブランディング・・・と聞くとあまりイメージできない方も多いのではないでしょうか?

何を隠そう、わたしもそのひとりでした(笑)

 

また、それが一体環境とどう結びつくの? 最先端でそれを実行しているのはどんなひとたちなの???

今回は、社会にでる前の学生の身分ですが、一市民として、また、次世代を担うもののひとりとしての感想をみなさまに共有させていただきたいと思います☆

 

 

シンポジウムの流れは、

・基調講演「環境ブランディングとソーシャルマーケティング」

・実践実例の紹介

・パネルディスカッション

でした。錚々たる顔ぶれでしたので、私もご挨拶にかなり緊張です(笑)

 

かの有名な『クールビズ』、『チームマイナス6%』などを実際に手掛けられた方の基調講演をお聞きしました。ブランディングは社会問題の社会化、たとえばわたしたちが一昔前まで具体的にイメージできなかった”温暖化”を、ライフスタイルと結びつけてとらえるきっかけをつくってくれたという意味で、じつはとても身近なものだったのです。

 

商品のブランディングであれば、たとえばわたしたちが「スーパーといったら○○!」といったように、第一想起ででてくるもの、「これが好き!」というマインドシェアを得られるものづくりであったり、その商品やサービスの位置づけを創意工夫することで今までにないイノベーションを仕掛けたりと、幅広くとても奥深いものです。

 

都市のブランディングの可能性、つながりや関係性をつくっていくブランディング、ひとことでは語りきれませんが、企業経営にとって非常にキーになってくるワードなのだととても勉強になりました。

 

実践事例の紹介にあたっては、CSRと環境で会社を強くすることや、社会的課題に挑戦する新しいものづくりのお話しを伺うことができました。

 

そこに共通してみられたもの、それは「幸せ」というキーワード。

環境に優しいライフスタイルと、わたしたちの豊かな生活は、一見トレードオフのように思えますが、そうではないのです。

”心”豊かな生活、それは工夫次第で生み出せるものなのだと、ブランディングを通じて熱い想いを語ってくださった登壇者の方々からわたしが感じたことです。

 

 

「わくわくする仕事ができること」

「自分のやりたいことをして食っていけるなんてこれほど幸せなことはない」

「このものづくりを通じて、こんな挑戦もできるんだ!というメッセージを伝えたい」

―――そんなお言葉が聞けました。

 

わたしたちひとりひとりの幸せを大切にしつつ、地球に優しい社会をつくりあげるというビジョンと、社会に挑戦するアイデア、情熱を掲げる姿・・・

 

最後に感想を述べさせていただいたときにも使いましたが、”人生の先輩”方の経営にかける想い、自分の仕事にもつ誇りを見せていただき、とても有意義な経験をさせていただきました。

 

 

「何%削減」を掲げるのは政府であるかもしれません。

しかし、実際にじゃあ削減するのは誰なの?

それは、わたしたちひとりひとりの生活や営みの中にあります。

そこをイノベイトしていく経営、ビジネスの世界にこれからの日本社会の明るい光と力強さを感じました。

環境経営、それはビジネスパーソンの熱き挑戦の場なのかもしれません。

 

まだまだ社会的な経験の浅いわたしも、もっともっと勉強せねばと改めて・・・!

 

では今回はこのあたりで^^